FC2ブログ
- 想いを伝えられるのは言葉だけじゃないよ -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにクラティについて書いたらえらく長くなった(・・;)


長ったらしくてもう何がなんだか。

それでもおk!って方がいらっしゃいましたら
続きからお願いしますm(__)m
↓↓↓
web拍手 by FC2


- 私のこと、好き?-

寝ている相手に独り言のように呟く。
ティファらしいというか…。

「マリンのこと好き?」と話題変えなかったら
この時クラウドは何て答えてたんでしょうね。

このセリフ、マリン含めた『血は繋がらないけど家族』
としての不安もあるのだろうけどギクシャクしてしまってるこの状況、
この先のクラウドとの未来を一緒に頑張っていけるか?
という不安な気持ちの表れでもあるのかしら。

寝てる(であろう)クラウドの前とはいえ「好き?」と
直球な言葉で聞けるのはクラウドとティファの仲が本編終了後から
踏み出した濃い関係だから…なんだろと思えてならないのは
クラティフィルターがかかりまくってるからなのかなぁ(・・;)

ギクシャクし始め腑に落ちないことも多々増え
何かと不安になったティファ。
不安が膨らみ始めるものの面と向かっては聞けず
だから寝ているときにこっそり聞いたのかな。
どんなに明るくて腕っ節の強い格闘家のティファでも
クラウドの前では一人の女の顔になるんだよね。

ティファのその問いかけに即目を覚ますクラウドは「怪訝な顔」だった。
怪訝って聞くと嫌な感じしかしないけど
意味は「不思議で納得がいかないこと」

ティファの問いはちゃんと聞き取れてはいたけど

「今更なんだ?」
「そんな事聞くなんてどうした?」

という疑問が浮かんで怪訝な顔したのでは、と思っております。
この二人ってイチャイチャラブラブな二人でない。
普段から滅多に口にしなそう。
だからこういった疑問も出てくるのかな…とか。
言葉数が足りない…的な。

クラウドにとってはそんな答えるまでもないようなことを
確認されることが意外だっただろうし。

この二人は本当に『生きてる』って感じ。
思いが通じ合ってもすれ違いも生じたり。
それでも、やっぱりお互いを必要としてたり。

恋愛って楽しくて幸せなものだけど、
決して綺麗事だけではすまないところもある。
だからこそわざわざ聞くくらい今の状態が不安で仕方なかった
ティファなんじゃないかな。

「ごめんね、変なこと言って」とか、もうっっ(泣)
切な萌え…。

読んでるこっちが苦しくなっちゃうような切ないシーンだけど
逆にここを読んでクラウドはティファに、
ティファはクラウドに愛されてることをちゃんとわかっていて、
その上でいろんなことに悩んでるというか…。

クラウドの不器用さはティファが一番知ってるだろうし
彼なりの表現もちゃんと受けとめたはずなのに
不安を口にしてしまう程いつのまにかすれ違っちゃってたんだなと。

クラティの静かに育てる愛情が好きです。
星空の下の給水塔から始まって、旧セブンスヘブンでの一時、決戦前夜に、
夜の静かな時間でしっとりとした感じが…。

見てるとなんだかじれったい二人なんですが、
二人きりになると作り出す、静かだけど濃密な雰囲気が好き。



拍手ありがとうございます!
花粉到来、花粉症の方はお大事にしてくださいまし!!!
cloud.gif
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


- 私のこと、好き?-

寝ている相手に独り言のように呟く。
ティファらしいというか…。

「マリンのこと好き?」と話題変えなかったら
この時クラウドは何て答えてたんでしょうね。

このセリフ、マリン含めた『血は繋がらないけど家族』
としての不安もあるのだろうけどギクシャクしてしまってるこの状況、
この先のクラウドとの未来を一緒に頑張っていけるか?
という不安な気持ちの表れでもあるのかしら。

寝てる(であろう)クラウドの前とはいえ「好き?」と
直球な言葉で聞けるのはクラウドとティファの仲が本編終了後から
踏み出した濃い関係だから…なんだろと思えてならないのは
クラティフィルターがかかりまくってるからなのかなぁ(・・;)

ギクシャクし始め腑に落ちないことも多々増え
何かと不安になったティファ。
不安が膨らみ始めるものの面と向かっては聞けず
だから寝ているときにこっそり聞いたのかな。
どんなに明るくて腕っ節の強い格闘家のティファでも
クラウドの前では一人の女の顔になるんだよね。

ティファのその問いかけに即目を覚ますクラウドは「怪訝な顔」だった。
怪訝って聞くと嫌な感じしかしないけど
意味は「不思議で納得がいかないこと」

ティファの問いはちゃんと聞き取れてはいたけど

「今更なんだ?」
「そんな事聞くなんてどうした?」

という疑問が浮かんで怪訝な顔したのでは、と思っております。
この二人ってイチャイチャラブラブな二人でない。
普段から滅多に口にしなそう。
だからこういった疑問も出てくるのかな…とか。
言葉数が足りない…的な。

クラウドにとってはそんな答えるまでもないようなことを
確認されることが意外だっただろうし。

この二人は本当に『生きてる』って感じ。
思いが通じ合ってもすれ違いも生じたり。
それでも、やっぱりお互いを必要としてたり。

恋愛って楽しくて幸せなものだけど、
決して綺麗事だけではすまないところもある。
だからこそわざわざ聞くくらい今の状態が不安で仕方なかった
ティファなんじゃないかな。

「ごめんね、変なこと言って」とか、もうっっ(泣)
切な萌え…。

読んでるこっちが苦しくなっちゃうような切ないシーンだけど
逆にここを読んでクラウドはティファに、
ティファはクラウドに愛されてることをちゃんとわかっていて、
その上でいろんなことに悩んでるというか…。

クラウドの不器用さはティファが一番知ってるだろうし
彼なりの表現もちゃんと受けとめたはずなのに
不安を口にしてしまう程いつのまにかすれ違っちゃってたんだなと。

クラティの静かに育てる愛情が好きです。
星空の下の給水塔から始まって、旧セブンスヘブンでの一時、決戦前夜に、
夜の静かな時間でしっとりとした感じが…。

見てるとなんだかじれったい二人なんですが、
二人きりになると作り出す、静かだけど濃密な雰囲気が好き。



拍手ありがとうございます!
花粉到来、花粉症の方はお大事にしてくださいまし!!!
cloud.gif
スポンサーサイト

【2013/02/06 17:13】 | FF7ACC
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。